鍋帽子

先日VIHKIRUUSUの布を切っただけでほぼ満足していた鍋帽子。
肌寒さも増してきたし、食欲の秋じゃなくてもお腹は空くし、
これは早い所作らねば一生布切れのままだと未だ慣れないミシンでダダダ。
縫ってグッジョブと満足しましたが、甘く見ていた綿を包み込む手順に難儀しました。

お、大きい・・・・。
出来上がった喜びより、大きさに驚いていた時間の方が長かったような。
d0139452_124356.jpg

お鍋の下に敷く部分。ほぼ小さめなクッションです。
d0139452_1244991.jpg

お鍋に被せると鳥かごのような存在感。
でも慣れてくるとかわいい。
d0139452_125262.jpg

これを眺めていたら思いだした昔話。
着物を着た女の子がどういうわけかお椀?鉢?を被っていて
それがどうやっても取れなくて・・・お椀からお宝が出てきたりして、お椀が割れて?
最後は何だかハッピーエンドだったような昔話ありましたよね。
タイトル何だったかなーあれは。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
トラックバックURL : https://kukkatat.exblog.jp/tb/17087204
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ゆい工房 at 2012-10-31 20:30 x
それはね、きっと『鉢かぶり姫』です。私も思い出しました。なつかしい^^。
Commented by kico at 2012-10-31 23:30 x
素敵な本はいつもながめています モチーフにしかチャレンジしていませんが、ドイリーができる過程をみていたら楽しそうに思えてきました
鍋帽子、使っていますが、スグレモノです ついでに、しまい込んでいた圧力鍋も使い始めたところ、時短プラスガス代もダウンし手放せません なにより鍋のふたをあけたときのほかほか感がいいですね

長々すみません 本のタイトルは、鉢かつぎ姫ではありませんか?
流行りのつけ襟がタティングで出来ないかと思うこの頃ですがあまりに果てしなくなりそうだし、似合う年齢ではないのでドイリーにチャレンジします

寒くなってきたのでお体大切にして下さい
Commented by kukkatatting at 2012-11-01 14:00
>ゆい工房さん

わー!ありがとうございます。
検索してみました!苦労したんだ・・・。姫。
お椀じゃなかったですね(^^;)
被りませんでしたが被れちゃうくらいな大きさの鍋帽子です。
Commented by kukkatatting at 2012-11-01 14:20
>kicoさん

kicoさんありがとうございます!
モチーフはつなげると襟飾りや、これからの季節マフラーなどのアクセントにもなるかと思います。

ドイリーは段ごとで一旦一休みができるので、
いつかお試しください。
ですが、すみません。「白のドイリー」の図案に訂正個所がありますのでご注意ください。
9/27にアップした記事に載っておりますのでご参照ください。
http://kukkatat.exblog.jp/16889249/
ご迷惑をお掛けします。


kicoさんも鍋帽子お使いなのですね!
昨日早速使ってみました。「お鍋にかぶせただけで温かさが持続するかね?・・・あ、あたたかい!!」のくだりをしていました。
存在感はありますが、作って良かったです。

本のタイトルもありがとうございました!
アマゾンで見てみました。スッキリしました!

秋はすっ飛んで行ってしまいそうですね。
kicoさんも暖かくしてお過ごしください。
by kukkatatting | 2012-10-31 12:21 | 日々 | Trackback | Comments(4)

毎日の暮らしとタティングレースのことをちいさく綴っています。


by kukkatatting
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30